笠井 銑衣智
プロフィール
大学は電気工学部にて、ソフトウェアによる電力シミュレーションを行う。
オートバイや自動車を楽しむ。塾の講師を行い、数学、物理、英語を教える。
 
大学卒業後 自動車部品メーカーにて、品質保証業務に携わる。
そこで、計測器のメンテナンス管理や業務システムのプログラム開発を行う。
また、パソコン(BASIC⇒GPIB)による計測器の自動化システムの開発を行う。
 
自動車部品メーカーから通信システム開発業へ転職し、 電話交換機の構築、フレームリレー装置、フレームリレー交換機の構築業務を行う。

マイコンによる電子回路の構築を行う。
Windows3.1によるLAN構築、CiscoルーターによるWANの構築などを行う。
Visual Basic等のプログラムミング開発も行う。
 
インターネット普及時には、自社でサーバを構築し、LINUXサーバー構築、Apache、DNS構築、 メールサーバーの構築を行い、レンタルサーバービジネスを立ち上げる。

windowsサーバーアプリケーション(asp)による電子モール構築を行う。
 
NTT DoCoMoのiモード普及時には、公式IPの業務を開始し、 著名アーティスト、漫画コンテンツ、アイドルコンテンツ、エンターテインメントコンテンツの 公式サイトをプロディース。
PHP+データベースシステム(mysql,postgresql)による各種WEBアプリケーションの開発を行う。

サイトを運営するために、取材活動を行い、ライブでの写真撮影、ビデオ撮影の技術を習得する。FinalCutを利用したビデオ編集を行う。

andoridやiphoneアプリの開発を行い、同時に、ソーシャルカードゲームのシステム開発ならびに、 カードイラスト制作の為、イラストレータの発掘ならびにイラストディレクションを行う。
 
2004年に写真撮影を始める。
望遠レンズのついたpanasonicのLUMIX DMC-FZ10を購入し、ボケ味の面白さに目覚める。
初のレンズ交換式一眼レフカメラ CANON 20Dにて撮影活動を開始。
アーティストの取材をメインに、ライブ撮影、ポートレート撮影を行う。
フルサイズ機に移行し、CANON 5D ⇒ 5Dマーク2 ⇒ 5Dマーク3とバージョンアップし、現在に至る。
 
2008年 X JAPANの復活東京ドームコンサートにてライブ撮影。
2009年 X JAPANの東京ドームコンサート、香港コンサートにてライブ撮影。
2010年 X JAPANのワールドツアーに参加し、北米、日本にてステージ写真を撮影。
2011年 X JAPANのワールドツアーに参加し、南米、ヨーロッパ、アジア、にてステージ写真を撮影。
2014年 YOSHIKI Classical World Tour Part1 に参加し、北米、南米、ヨーロッパ、アジアにてステージ写真を撮影。
2014年 X JAPAN 横浜アリーナ2DAYS公演、ならびにMSG公演に参加し、ステージ写真を撮影。